女性

美容整形外科でできる治療

医者

治してもらう時のポイント

お肌にできてしまったいぼは、場所によっては目立ちやすく美容の問題になります。治療は自分で行うのは難しいため、美容整形外科を使うケースが多いです。クリニックで治療を受ける場合は、外科的な方法を行います。手術をしていぼを取り除くのですが、やり方に特徴があるので注意もいります。受けられる治療法としては患部と凍結させるやり方や、焼いて取り除く方法があります。どの方法も安全性は高いですけど、多少はリスクも存在します。手術をする時はどのようなリスクがあるか、確認しておくと問題が起こりません。医師との話し合いが重要になるので、治療方法は詳しく聞いておくべきです。また手術を行う時は保険が利用できるか、医師と相談するのも大切です。美容整形外科では保険が使えない方法が多く、高額な費用がかかるケースもあります。いぼの治療は美容整形外科でも、保険が使える方法で治せます。そのため保険が使えるか聞くのは大切なので、確認をしておけば費用を安くできます。実際に治療を受けると患部に大きなダメージを与えるので、傷跡が残る場合もあります。短期間で治ることが多いですが、長期間跡が残る場合もあるため注意がいります。美容整形外科では特別な機械を使い、短期間で治せるプランを選べます。レーザーを使ったやり方ならば時間がかからず、傷跡も殆ど残らないので安全です。治療を受ける時は保険が使えるか聞いておくと、費用を安くできるので楽に治せます。美容整形外科ならば特別な治療も受けられるので、確認をしておくべきです。いぼ治療に美容整形外科を使う場合は多いですが、治療を受ける時は手順があります。すぐに手術ができるわけではないので、その点は知っておくべきです。クリニックでは最初に患部を調べ、どういう治療が向いているか話し合いを行います。場所や大きさによって向いている方法が変わるので、医師と相談しつつ治療法を決めます。美容整形外科では一般的なクリニックでは受けられない、特別な方法で治せる所もあります。レーザーを使ったやり方も選べるので、短期間で治したい方に向いています。普通の皮膚科でも受けられる方法としては、患部を凍結させる治療法が存在します。いぼを焼いて取り除く手術もありますが、美容整形外科でも受けられます。このような一般的なクリニックでも可能な治療法は、保険を使って安く治せます。しかしレーザーを使った方法は、保険が使えないので気をつけなければいけません。医師と相談して自分が受けたいプランを決めれば、後は手術をして問題を解決します。複数の所を処理するのでなければ、時間はかからず簡単に終わります。治療した後はやり方によっては傷跡が残るため、問題がないか確認のためにクリニックに行きます。跡がおかしくなっていなければ、いぼの治療は終了です。手術する時は最初にカウンセリングを受けて、利用できるプランの説明を聞きます。そこで自分が向いているものを選び、実際に治してもらえば問題を解決できます。治療の手順は一般的なクリニックと同じですが、レーザーを使う場合は多少変わります。保険を使えない治療法は費用がかかるので、支払い方法の相談も必要になります。

肌をきれいに導く施術

カウンセリング

施術方法は実際にいぼを診てもらってから決めたほうがよく、カウンセリングの申し込みは電話やメールかサイトから行えます。液体窒素や炭酸ガスレーザーにメスで切除する手術などがあり、リスク説明はよく聞いておきましょう。

詳しく見る

説明を聞き納得してから

鏡を見る人

いぼ手術を美容整形外科で行う場合はカウンセリングや手術当日はキャンセルしないようにしましょう。治療の流れは治療方法によって違いがあります。レーザー治療や液体窒素で治療した後は日焼けを防ぎ、クリームなどでケアをし続けましょう。

詳しく見る

事前に治療費を確認

女性

美容整形外科でいぼ手術を行う場合は、色々なクリニックの相場を見てから決めるとよいでしょう。治療法によって費用にも違いがありますので確認することが大切です。美容整形外科選びも大切なことですので、しっかり見極めてから決めるように心がけましょう。

詳しく見る